円形脱毛症

「円形脱毛症」は年齢や性別に関係なく発症する脱毛症です。

発症すると10円玉ほどの毛髪のかたまりが突然抜け落ち、「脱毛班」ができます。
症状は人によって様々で、毛髪だけでなく、まつ毛やまゆ毛、その他の体毛まで範囲がおよぶものまであります。発症するのは男性より女性が多く、特に更年期の近い女性がかかりやすいと言われています。

原因

精神的ストレス「円形脱毛症」の主な原因としては、ストレスや免疫疾患などがあげられます。自律神経が乱れて血行障害をおこし、脱毛にいたる場合もあります。

ストレスから胃潰瘍になる話はよく耳にしますが、胃潰瘍はストレスによって胃の血管が収縮し、一部の組織が壊死しておこる病気です。
同じような血管の収縮が頭皮でおこった場合に「円形脱毛症」を発症します。

「単発型」は一過性のもので、ほとんどの場合は6ヶ月から1年程度で自然治癒します。
しかし「多発型」のようにいくつもの「脱毛班」ができる場合は、再発しやすいと言われています。
「多発型」になった人の約40%が5年以内に再発するというデータもあり、完全に治癒するまでには長い時間と根気が必要になります。

改善方法

「円形脱毛症」の一番の治療はストレスをなくすことです。
ストレスの原因を簡単に取り除くことはできませんが、なるべくストレスを感じないようにします。
それから、健康的な環境に身を置くことも大切です。

食物繊維を多く摂取する野菜中心の食生活に変えたり、タバコ、アルコール、コーヒーなどの刺激物を避けたり、あるいは日課に軽い運動を取り入れたり…。
こういった健康的な規則正しい生活により免疫機能を高めることができ、次第に「円形脱毛症」の症状が治まってきます。

もちろん、「円形脱毛症」の原因も症状も人によって様々なので、しっかりと皮膚科の専門医に診てもらい、自分にあった治療をすることが賢明です。

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.