睡眠不足

女性の薄毛や抜け毛の要因のひとつに睡眠不足があります。
睡眠不足は新陳代謝や免疫力を低下させ、頭皮にも悪影響を与えます。
栄養や酸素が毛根まで十分に届かなくなり、抜け毛が深刻化します。

夜は髪の成長に必要な時間

睡眠毛髪は毛母細胞によって毎日作られていますが、特に毛母細胞の働きが活発になるのが、午後10時から午前2時の4時間と言われています。
この時間帯は人の成長に不可欠な「成長ホルモン」がもっとも多く分泌され、そのホルモンの働きによって毛母細胞も活発になるのです。

最近は生活の多様化が進み、夜型の女性も増えています。
夜中にインターネットやゲームを楽しんでいるうちに時間が過ぎ、慢性的に寝不足状態の女性も多くなっています。
夜更しをして不摂生な生活を続けていると「成長ホルモン」の分泌量が減り、それによって毛母細胞の働きも弱まってしまいます。
その結果、毛髪の成長も妨げられ、芯のある力強い毛が生えなくなり、大量の抜け毛を招きます。

抜け毛予防としては、毎日しっかりと睡眠をとることが重要になってきます。
特に、睡眠の時間帯がなるべく午後10時から午前2時の4時間にがかかるよう、意識して寝ることが大切です。
また、睡眠はしていても浅い眠りではあまり効果的とは言えません。
良質の深い眠り、いわゆる熟睡ができるよう、就寝前にリラックスすることが大事です。
女性に薄毛の原意となるストレスや疲労をため過ぎないように、日頃の生活習慣も気をつけましょう。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.