紫外線

太陽から降り注ぐ光線には紫外線が含まれています。紫外線は英語でUltra violet(略してUV)と呼ばれており、波長の違うUV-A波とUV-B波があります。波長の長いUV-A波は、人の肌の奥の細胞にまで到達し、様々な影響を与えます。一方、波長の短いUV-B波は、肌の表面に影響を与え、日焼けの原因になります。

地上に降り注ぐ紫外線を浴びることによって、人はダメージを受けます。紫外線が影響して起こる老化現象を「光老化」と言います。夏の日差しで肌が日焼けをして赤くなるのも光老化の一種です。一般的な老化は加齢によって進行しますが、光老化は年齢に関係ありません。若い人でも紫外線による光老化は確実に起こります。

髪や頭皮へのダメージ

体の中で一番紫外線を浴びるのが、太陽に一番近い頭部です。そのため、紫外線によるダメージも髪の毛や頭皮が大きくなります。髪の毛はタンパク質の一種であるケラチンで形成されていますが、紫外線を浴びることによって組織が破壊され、枝毛や切れ毛になってしまいます。また、髪の毛の中にあるメラニン色素が分解され、赤茶色に脱色したような状態になります。さらには、頭皮にある毛母細胞の活動も弱まり、抜け毛や薄毛のリスクが高まります。特に、頭頂部は最も紫外線が強く当たる部分で、薄毛や白髪になりやすいと言われています。

直射日光を避ける

紫外線対策それでは、どうしたら紫外線のダメージを避けることができるのでしょうか。

まずは、直射日光を受けないようにすることです。UVカットが効果的な帽子や日傘を使用すれば、ほとんどの紫外線を遮断することができます。曇りや雨の日でも紫外線は地上に降り注いでいますから、晴れの日以外でも注意が必要です。

また、UVカットの効果があるスプレータイプのトリートメントを出かける前に使用し、毛髪や頭皮を守るようにしましょう。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.