整髪料

髪のオシャレオシャレは何も服装選びだけではありません。髪型をセットしてカッコよく決めるのも、立派なオシャレですね。髪型を整えたり、ステキな香りを漂わせたりするのに、ヘアスプレーやヘアワックス、ジェルなどの整髪料は必須アイテムです。

ところが、この整髪料は使い方次第で髪の毛や頭皮にダメージを与えることにもなります。整髪料が抜け毛や薄毛の原因になるとも言われていますので、十分な注意が必要です。

合成界面活性剤

スーパーやドラッグストアで売られている一般的な整髪料には、合成界面活性剤が含まれています。
この合成界面活性剤のおかげで、髪の毛がやわらかくなり、髪型がまとまりやすくなります。

しかしその一方で、合成界面活性剤は髪の毛のタンパク質を奪い、髪の毛の成長を弱めてしまいます。さらには、合成界面活性剤によって頭皮にゴミなどの不純物が蓄積されるようになり、体内から分泌される皮脂と相重なって毛穴を塞いでしまいます。その結果、抜け毛や薄毛の進行を早めることにもなります。

ただし、整髪料を使用しても、その後のヘアケア次第で抜け毛や薄毛を防ぐことも可能なので、あまり神経質になる必要はありません。整髪料を使用する時は髪の毛だけに付けるようにして、頭皮には直接付けないようにしましょう。さらには、整髪料を使用した場合は、その日のうちにシャンプーで頭をしっかり洗い、合成界面活性剤が頭皮や髪の毛に残らないように気をつけましょう。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.