更年期や老化

女性の抜け毛と性ホルモンは密接な関係があります。
そのため、老化によって女性ホルモンのバランスが大きく変化する更年期になると、女性の抜け毛や薄毛がおこりやすくなります。

更年期と女性ホルモン

女性女性は更年期になり卵巣の働きが鈍くなってくると、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンの分泌が不規則になり、分泌量も減少してきます。
それに対して、女性に元々ある男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」は、ほとんど減少しません。
その結果、相対的に女性ホルモンより男性ホルモンの比率が高くなります。

「ジヒドロテストステロン」が「男性型脱毛症」の原因になっていると言われており、男性ホルモンが優位になることで「男性型脱毛症」に似た症状が表面化してきます。
ただし、女性は男性のように前髪の生え際が徐々に後退したり、頭頂部だけが薄くなったりはしません。

女性型の脱毛症

女性の場合は、頭全体に抜け毛が広がり、スカスカの薄毛の状態になります。
「女性型脱毛症」は「瀰漫(びまん)性脱毛症」とも呼ばれています。

「瀰漫(びまん)性脱毛症」は、遺伝的影響の大きい「男性型脱毛症」よりも回復する可能性が高いと言われています。
医療機関で治療を受けなくても、食生活や睡眠など日々の生活習慣を改善することで脱毛の症状をかなり抑えることができます。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.