ピルの服用

女性の抜け毛の要因のひとつに、経口避妊薬(ピル)が考えられます。経口避妊薬(ピル)は、その名のとおり「口を経て体内に入る避妊薬」のことです。全世界で1億人以上の女性が服用している、ポピュラーな薬です。

避妊を目的として使用する女性が一般的ですが、中には生理痛の緩和や月経異常の改善のために使う人もいます。

ピルは、ホルモンバランスを変化させる

ホルモンバランス経口避妊薬(ピル)の中身のほとんどは女性ホルモンです。服用することで意図的にホルモンバランスを変化させます。その結果、擬似的な妊娠状態になり、排卵が抑制され、非常に高い確率で妊娠を回避できるようになります。

経口避妊薬(ピル)を飲み続けている間は体調も安定しますが、急に服用を中止するとホルモンバランスが大きく崩れてしまい、身体に様々な影響を及ぼします。頭皮も不安定な状態になり、女性の薄毛のタイプでは最も多い「瀰漫(びまん)性脱毛症」を引き起こす可能性が高くなります。

もっとも、「瀰漫(びまん)性脱毛症」に至るのは、経口避妊薬(ピル)を長期間服用して急に中止した場合です。専門医の診断を受け、指示通りに経口避妊薬(ピル)を服用していた程度では、「瀰漫(びまん)性脱毛症」を発症することはありませんので、過度な心配は無用です。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.