免疫力の低下

免疫力というのは、外から体の中に侵入してきたウィルスなどの敵から自分の体を守るシステムのことです。身のまわりにたくさんの敵がいるにも関わらず病気にならないのは、この免疫力が機能しているからです。

免疫低下の影響は髪にも

免疫力が低下すると、体の防衛システムが弱まり、ウイルスや細菌が体内に侵入します。そして、体調不良に陥り、風邪をひいたり熱が出たりします。さらには、体力が低下することによって十分な栄養が毛母細胞にまで到達せず、抜け毛や薄毛を誘発する可能性が高まります。

髪の毛は、外からの攻撃に対して最も早く反応する場所と言われています。髪の毛は心臓や腎臓のように生死に関わる重要な器官ではないので、免疫力が低下すると抜け毛や薄毛になり、他の器官より早く犠牲となるのです。

低下しないように

免疫の低下免疫力は強いストレスによっても低下します。人は強い肉体的、あるいは精神的ストレスを受けると免疫力の低下から新陳代謝が弱まり、髪の毛の成長に必要なタンパク質の合成も弱まってしまいます。一時的なストレスであればそれほど影響はありませんが、ストレスが長く続くと、抜け毛や薄毛を加速する場合があります。

免疫力の低下によって抜け毛や薄毛を招くことになるのですが、逆に、 免疫力を高めていい状態をキープしていれば、抜け毛や薄毛の予防になるとも言えます。免疫力を高めるためには「適度な運動をする」「ストレスをためない」「十分な睡眠をとる」などが効果的です。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.