喫煙

タバコは「1本吸うだけで寿命が12秒縮む」と言われています。ひとときのストレス解消にはなりますが、リスクが非常に高い嗜好品です。タバコは体全体に悪影響を及ぼします。髪の毛や頭皮も例外ではありません。

血行が悪くなる

喫煙通常、髪の毛の成長に必要な栄養素は、毛細血管を通って毛母細胞へと運ばれます。ところが、喫煙を続けるとタバコに含まれるニコチンによって毛細血管が収縮され、血行が妨げら血流が悪くなります。そのため、大切な栄養素が毛母細胞にまで行き渡らなくなり、髪の毛が満足に発育せず、抜け毛や薄毛を招きます。

また、タバコの煙に含まれる一酸化炭素が体内に入ると、血液中のヘモグロビンと結びつき、慢性の酸欠状態に陥ります。そして、善玉コレステロールが減少し、動脈硬化のリスクが高まります。 その結果、大切な栄養素が毛母細胞にまで補給されにくくなり、ニコチン同様、脱け毛や薄毛、白髪が出やすくなります。さらには、発がん性物質を多く含むタール成分が毛細血管から毛母細胞へと輸送され、髪の毛にどんどん蓄積されていきます。

さらには、本人がタバコを吸っていなくても、そばで誰かが喫煙するだけで、副流煙によって本人が吸っているのと同じくらい危険な状態になってしまいます。タバコはまさに「百害あって一利なし」と言えます。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.