ドライヤー

ドライヤーあなたは、お風呂上がりにドライヤーを使って髪の毛を乾かしますか。
髪の毛を乾かさないで濡れたまま寝てしまうと、摩擦によって髪の毛を傷めたり、頭皮に雑菌が繁殖したりする場合があります。
そのため、濡れた髪の毛はきちんと乾かした方が何かといいのですが、ドライヤーの使い方次第で髪の毛や頭皮を守るどころか、ダメージを与えてしまいます。

髪の毛は熱にとても弱く、ダメージヘアや女性の薄毛などのトラブルになる恐れもありますから、正しくドライヤーを使うようにしましょう。

正しい使い方

タオルドライまた、ドライヤーを使う前にタオルドライをしっかり行うことも大切です。

その場合、給水性のいいタオルで、髪の毛を挟んでやさしくポンポンと叩きながら水分を吸収してください。 髪の毛の水分をゴシゴシ擦るように拭き取ると、髪のキューティクルが剥がれ落ち、枝毛や切れ毛などのダメージヘアの原因になりますので注意してください。

ドライヤーは最低20センチは離して使うようにしましょう。髪の毛を乾かす時にドライヤーを近づけすぎると、高熱で髪や頭皮がダメージを受け、焼けただれたり炎症をおこしたりします。

熱風だけでなく時々冷風をうまく使って乾かすと、髪への負担が軽くなります。「熱」ではなく「風」で乾かす意識が大事です。

完全に乾かす必要はありません

意外かもしれませんが、髪の毛を乾かす上で大切なことは、水分をすべて取り除く必要はないということです。 水分がまったくなくなると、髪の毛に含まれるタンパク質も固まってしまい、弾力性がなくなってしまいいます。

とはいえ、ある程度は乾かさないと頭皮が蒸れてしまいますので、これが女性の薄毛の原因となってしまうこともあります。

だいたい8~9割程度乾かすことで、髪の毛の潤いや弾力性を保つことができます。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.