カラーリング、白髪染め

カラーリングや白髪染めも、女性の薄毛の原因の一つとなっています。

カラーリングと白髪染めは、基本的には同じタイプの毛染めです。
正確には、白髪染めは、いろいろ種類のあるカラーリングのひとつです。
カラーリングと白髪染めは、どちらもクリームタイプ、ジェルタイプ、液状タイプの3種類がありますので、使用する部分や状況に応じて使い分けると効果的です。

カラーリングカラーリングは色素が残っている黒髪を好きな色に染めるのに対して、白髪染めは色素の抜けた白髪を目立たなくなるように染めます。
どちらも長期的な毛染めができるので、永久染毛剤と言われています。

カラーリングも白髪染めも2種類の液体を混ぜ合わせ、化学変化させた染毛剤を髪の毛に塗り込み、内部に染毛剤を浸透させ、内側から染料を定着させます。
そのため、閉じた状態の健康なキューティクルを強制的に開けるのですが、何度もカラーリングや白髪染めを繰り返すと、キューティクルが傷ついて剥がれてしまい、髪の毛の内部から水分など大事な成分が外に出てしまいます。

髪や頭皮にダメージ

また、多くの染毛剤にはジアミン酸系酸化染料が含まれています。
ジアミン酸系酸化染料は髪のタンパク質を分解する刺激的な成分なので、髪の毛へのダメージも大きくなってしまいます。
ダメージを受けた髪の毛は、水分が保持できないためにパサついたり弾力性がなくなったりします。
また、ジアミン酸系酸化染料によって頭皮がかゆくなったり、赤く腫れるなどのアレルギー反応を引き起こす場合があります。

刺激の強い染毛剤は髪の毛や頭皮にダメージを与え、女性の抜け毛や薄毛の原因にもなりますから、使用には細心の注意が必要です。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.