アルコール

「酒は百薬の長」という昔からの格言があるように、適量のアルコールは健康にいいと言われています。

アルコールは気分を和らげ、全身の血行がよくなり、ストレス解消にもなります。
ただし、アルコールの飲みすぎは健康を害するだけでなく、抜け毛や薄毛の原因にもなるので注意が必要です。

糖分を摂り過ぎる

アルコールの原料は穀物や果実などで、糖分が多く含まれています。糖分は体内で脂肪になり、脂肪が増えると肥満の原因になります。血液中に含まれた脂肪は、毛母細胞に運ばれ大量の皮脂の分泌を促します。その結果、過剰な分泌により毛穴は塞がれ、抜け毛や薄毛を引き起こします。

頭皮に栄養が行き渡りにくくなる

また、過度なアルコールの摂取は血液中の栄養や酸素を吸収してしまい、毛母細胞まで届きにくくなります。栄養や酸素の不足した髪の毛は成長が弱まり、細くなったり抜けたりとトラブルがおこるようになってきます。

アルコールの分解には亜鉛

アルコール食事で摂取したタンパク質を、髪の毛に変える働きのあるのが亜鉛です。亜鉛は毛母細胞を増殖させる作用もあります。髪の毛と密接な関係のある亜鉛ですが、体内でアルコールを分解する時にも亜鉛が必要になります。

そのため、アルコールを飲み過ぎると、髪の毛の成長に必要な亜鉛が足らなくなってしまいます。亜鉛が不足すると、抜け毛や薄毛、白髪を誘発するリスクが高くなります。

女性ホルモンの不足

頭皮のダメージ

栄養バランス

Copyright(c) 女性の薄毛、抜け毛は治ります All Rights Reserved.